肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

腰痛改善 腰痛解消

【その椅子の座り方が腰痛を引き起こす!?】デスクワークを快適にするおすすめグッズ紹介

デスクワークやパソコン作業などからくる、

腰痛に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

特にデスクワークやパソコン作業だとどうしても椅子に座る時間も長くなり、

身体も動かさなくなってしまいます。

スポンサードリンク

しかしその原因は運動不足だけではなく、

椅子の座り方にも腰痛を引き起こす原因があったのです。

今回は腰痛を引き起こさないための椅子の座り方と、

デスクワークを快適にするためのグッズを紹介します。

①なぜ椅子の座り方が悪いと腰痛になるの

①-1 座っている姿勢はどれくらい負担がかかるの?

立っている時、寝ている時、そして座っている時の腰への負担がどれくらいあるか、

みなさんはご存知でしょうか?

座ったときは上半身の重さを背中や腰の筋肉、脊椎と椎間板で支えます。

これにより、腰に通常以上の負荷がかかるのです。

では座っている姿勢は腰にどれくらい負担がかかっているのでしょうか。

立っている姿勢が椎間板にかかる負担が100パーセントとすると、

座っている姿勢はなんとその1.4倍の140パーセントです。

立っている姿勢と比較すると、座っている姿勢は椎間関節にかかる圧力が減少する一方で、

椎間板にかかる圧力は増加します。

①-2 前傾姿勢になるとさらに腰への負担が増加する

腰椎椎間板にかかる負担は姿勢によって変化するという事をご存知でしょうか。

特に猫背などの前傾姿勢で椎間板にかかる負荷が増大します。

正常な立っている姿勢に比べると、体幹が前屈するほど腰椎にかかる負荷が増加します。

座っている姿勢が140パーセントに対して、

座っている姿勢で前傾してしまうと185パーセントになってしまいます。

これは立っている時も同様で、立ったまま前傾すると150パーセントの負荷がかかり、

座っている時と同様の負荷が腰にかかってきます。

しかし、いくら良い姿勢をとっていても、長時間椅子に座る同じ姿勢を続けていると、

筋疲労が生じてしまい不良姿勢を助長します。

疲れた時には姿勢を変えたり、運動、ストレッチをしたりする事をおすすめします。

スポンサードリンク

②おすすめ腰痛対策グッズ

②-1 MOGU バックサポーターエイト

パウダービーズが気持ちよく、触っていると癒されます。

背中の部分に厚みが出るので、思いっきりもたれても姿勢が真っ直ぐになり、

自然と矯正される感じです。

デスクワークだけでなく、自動車運転時も使用でき汎用性の高いグッズです。

②-2 マーナ 骨盤座ぶとん

座ると8度の傾斜がつき、背すじを伸ばしやすくしてくれるので、

腰への負担が軽減します。

小さ目の作りで骨盤自体をクッション内部に収めてサポートします。

座っている時に前傾姿勢になってしまうと腰への負担が増加します。

普段から姿勢の悪化に悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。

②-3 MTG ボディーメイクシートスタイル

人体を型どった曲線が身体にフィットして、座るだけで正しい姿勢を保ってくれます。

クッションのようにつぶれてしまう事もなく、職場での使用にも最適です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

デスクワークやパソコン作業などは椅子に長時間座るため、

どうしても腰への負担が増加してしまいます。

少しでも負担を減らすためには前傾姿勢などの不良姿勢をなるべく避けなくてはなりません。

そういった不良姿勢を無くし、腰痛を軽減するためにはグッズなどを使用したり、

筋疲労で疲れた時にはこまめな運動やストレッチをするのがおすすめです。

腰痛を軽減、緩和させるためにグッズなどを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめです。

【めっちゃ効く~!?】試してほしい肩こり解消グッズ情報

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-腰痛改善, 腰痛解消
-, ,