肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

【あなたの肩や手のしびれや痛みはどんな症状?】痛みやしびれは重要なメッセージ!

や手がビリビリ、ジンジン、痛みやしびれがでる。

そんな症状に悩まされていることはありませんか?

痛みやしびれがを感じているということは、どこかに原因があるはずです。

スポンサードリンク

そういった症状を早めに対処することで、病気などの予防につながります。

今回は肩や手の痛みやしびれについて紹介していきます。

まずは、あなたを悩ませているしびれの正体を知り、予防・改善していきましょう。

①首や肩、手からくる痛みやしびれはどんな病気?

①-1 手のしびれは頸椎性からくるものが多い

痛みやしびれからくる症状にはどんな病気があるのでしょうか。

首や肩、手からくる痛みやしびれる感覚がある場合、

まず疑われるのは頸椎性のトラブルです。

頸椎のどこかの部分で神経根が圧迫されてしまうと、

肩、腕、手などにしびれや痛みなどの症状があらわれてしまいます。

神経の通り道は決まっています。

しびれの出ている場所によっては、

頸椎のどの部分で障害が起こっているのかがだいたい特定できます。

①-2 首・肩・手などのしびれや痛みから見つかる病気

・四十肩や五十肩

肩関節の周囲に起こる炎症のことです。

正式名称は肩関節周囲炎といいます。

腕の上げ下げや頭や腰に手を回す動作で、しびれや痛みが出ます。

・手根管症候群や腱鞘炎

手首にある手根管の神経の圧迫により手指の親指側にしびれや痛みが出る。

それ以外の手指のしびれや痛みは腱鞘炎とされる。

・胸郭出口症候群

胸の筋肉の緊張により、その下を通る腕の神経や血管が圧迫されて、

腕のしびれや痛み、こわばりなどを引き起こします。

・頸椎症・頸椎椎間板ヘルニア

首を後ろに反らせたり、横に倒した時に、しびれが起こります。

症状が強い場合は、椎間板から髄核の一部が飛び出すヘルニアがある事もあります。

スポンサードリンク

②神経が障害されることで起こるしびれや痛みは

②-1 神経障害から原因を見つける

外からの刺激は体に張り巡らされた神経のネットワークを通じて、

脳に伝わっている事をご存知でしょうか。

みなさんが感じる痛みやしびれを感じる時は、

神経系のどこかにダメージがあるのではないかと考えられます。

神経系は脳と骨髄からなる中枢神経系と末梢神経系に分けられます。

末梢神経系には感覚神経や運動神経、自律神経などがありますが、

しびれるというのは異常知覚ですから、末梢神経系の感覚の障害が考えられます。

力が入らないなどの動作に関わる症状ならば、

運動神経の障害が絡んでいる可能性があります。

痛みがあるということであれば、神経根といって、

神経の出口のところが圧迫されているだろうということが分かるのです。

②-2 ビタミンB12が神経を修復する

神経にダメージがある場合にビタミンB12を処方されるのをご存知ですか。

ビタミンB12は神経組織の組織を修復を促進するといわれ、

葉酸とともに血液をつくる働きもあります。

ビタミン剤というと食事で補う事もできますが、

神経修復するほどのビタミンB12を摂取するのは大変なことです。

サプリメントでも大丈夫じゃないのと考える人もいると思いますが、

薬のような含有量はないので注意が必要です。

すでにしびれなどがある場合は薬で摂取したほうが合理的です。

飲み薬として処方するビタミンB12以外では、漢方薬を処方することが多いです。

中でも、抑肝散加陳皮半夏は神経の高ぶりや過敏となった神経を鎮め、

心身のバランスを整えます。

手足のしびれ、イライラや不眠などの精神神経症状に効果がある場合も多いです。

③ストレスがしびれの慢性化に影響する場合もあり!

神経に障害がある場合のしびれはある程度永続的にしびれがでる場合が特徴です。

しかし、これに反した症状が出る人もいます。

例えば、毎日違う部位がしびれる、顔全体がしびれるといった場合、

心因性のしびれの可能性があります。

しびれる場所が移動したり、顔全体がいっぺんにしびれるということはないのです。

このような症状を総合して身体表現性障害と言います。

心と体にストレスがあり、緊張が強く常にリラックス出来ない人にあらわれやすい症状です。

④似ているようで違う症状

しびれなどの感覚は人それぞれで感じ方があり、説明しにくいものです。

ここで混同してしまいがちな4つの症状について説明します。

それぞれの症状の特徴

・しびれ

ビリビリ、ジンジンする。

感覚が鈍くなり、手足が動かしにくくなる。

・けいれん

筋肉が自分の意志とは関係なく、ピクピク動いたり、

つってしまったりする状態。

・マヒ

機能がまったく働かない状態。

動かそうと思っても動かない、触っても何も感覚がない状態。

・ふるえ

物をもった時やじっとしている安静時に、自分の意志に反して、手や足、

頭などがプルプルと小刻みに揺れてしまう症状。

ちょっとした違いが分かったでしょうか?

症状を説明するときの参考にしてみてください。

⑤しびれや痛みを防ぐ習慣を身につけよう

みなさんはしびれや痛みを引き起こしやすい生活をしてはいませんか?

日頃の生活習慣の見直しが、痛みやしびれ予防に役立ちます。

ぜひ生活習慣を見直してみましょう。

⑤-1 負担をかけない姿勢を心がける

猫背などの前傾した悪い姿勢など、長時間にわたり同じ姿勢を続けていると、

筋肉がこわばったり、血行が悪くなってしまい、

痛みやしびれが発生しやすくなります。

デスクワークや自動車運転などもそうですが、

普段から姿勢が悪くなりがちな方は特に注意しましょう。

⑤-2 バランスのいい食事をとる

しびれ予防には栄養バランスも大切です。

好き嫌いが激しく、偏った食生活などをしていると、

必要な栄養素が不足してしまうことがあります。

特に神経修復に重要なビタミンB群やミネラル不足に注意してください。

⑤-3 良質な睡眠を心がける

寝不足や浅い眠りなどが続くと、疲労が回復せずストレスがたまります。

心身の緊張は血行不良や筋肉のこわばりによるしびれの原因になります。

毎日気持ちよく眠れる環境をつくりましょう。

⑤-4 喫煙や大量の飲酒はやめよう

タバコやお酒には、血管を収縮させる成分が含まれています。

お酒は適量であれば構いませんが、タバコや大量の飲酒は、

血行不良を招き、筋肉のこりやしびれを招く原因になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

首や肩及び手の痛みやしびれは神経の障害からくることが多い症状です。

しかし、症状がでた場合は安易に自分で判断せずに、

しびれ外来や神経内科を受診することをおすすめします。

こちらの記事もおすすめです。

【めっちゃ効く~!?】試してほしい肩こり解消グッズ情報

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-肩こり, 肩こり解消
-, , ,