肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

【運動不足による身体の硬化を防ぐ!】肩こりやケガの防止・予防にはストレッチがおすすめ

生活様式の変化やデスクワークなどで身体を動かす事が少なくなり、

身体が硬くなってしまっている方は多いのではないでしょうか。

特に肩こりの予防や運動前などにはケガの防止をするためには重要です。

スポンサードリンク

身体の柔軟性も運動やこまめなストレッチをしなければ、

どんどん失われていきます。

今回は肩こり予防やケガ防止になるストレッチについて紹介します。

最近、身体が硬くなってきているなと感じている方は、

ぜひ参考にしてみてください。

①なぜ身体が硬いとダメなの

間一般的に身体が硬いと、

良いイメージを思い浮かべる人はいないのではでしょうか。

身体が硬いとケガをしやすい、

スムーズに動けないなど悪いことばかり思い浮かぶと思います。

身体が硬いよりは柔らかい方がいいと思っている方もたくさんいることでしょう。

では身体が硬い状態とは?身体が硬いとどんなデメリットがあるのでしょうか。

①-1 身体が硬い状態とは?

体が硬い状態とはどんな状態を指すのでしょうか。

身体が硬い状態とは関節の動く範囲が狭いことを言います。

例えば肩や足などを見てもらえば分かると思いますが、

身体が柔らかいかくて関節の可動域が広い人は、大きく腕を振ったり、

足を上げる事はできますが、

身体が硬い可動域の小さい方は動かせる幅が小さくなってしまいます。

スポンサードリンク

②ストレッチの嬉しい効果とは

ではストレッチのメリットは可動域が広がる以外に何があるのでしょうか。

②-1 筋肉の緊張がとける

分の身体についている筋肉は、常に活動しているのをご存知でしょうか。

筋肉は自分で力を入れようと思っていなくとも、

無意識のうちに活動をしています。

ストレッチは筋肉を緊張をといて、興奮させにくくする働きがあり、

リラックスさせてくれます。

長時間、同じ姿勢でいる場合をとっていると筋疲労で筋肉が緊張します。

そういった筋肉の緊張を防止するためにはストレッチはとても有効です。

②-2 血液循環がよくなる

肉は筋肉が緊張し、

硬い状態では血液を循環させる筋ポンプ作用が上手く働きません。

血液循環が悪いと肩こりなどの症状を引き起こしてしまいます。

ストレッチには筋肉がほぐれることで、

筋ポンプ作用がきちんと働き、血液循環がよくなります。

血液循環が良くなれば、肩こりなどの予防・防止や疲労軽減につながります。

③おすすめ肩こり予防・防止ストレッチ

肩こりの予防・防止には僧帽筋のストレッチがおすすめです。

仕事の合間にも肩周辺の筋肉をこまめにほぐしてみましょう。

③-1 肩周辺のストレッチ

1.足を広げ、テーブルなどの台に手をつく。

台の高さは腰ぐらいが目安。

台がない場合は壁を代用してもかまいません。

2.体重をかけながら腕を引いていく。

背中をそらさずに行うのがポイントです。

③-2 首から肩のストレッチ

1.片手で頭頂部付近を持つ。

もう片方の腕は自然に下ろす。

2.1の状態から手で頭を横に倒していく。

このとき、反対側の肩を下げて、僧帽筋の付着部の両端を遠ざける。

③-3 腕まわし

1.胸を張って両腕をまわします。これだけです。

ポイントは腕を大きく回しながら肩甲骨の動きを意識することです。

③-4 前後のアームスイング

1.胸を張って肩甲骨を寄せながら、腕を後方へ振る。

2.1の状態から今度は背中を丸めて肩甲骨を広げながら、

腕を前に振って交差させる。1と2をリズムよく繰り返し行う。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

身体が硬いと可動域も狭くなったり、さらには血液循環も悪くなります。

こういった症状が続いてしまうと、

肩こりやケガの原因にもなりかねません。

肩こりやケガの予防・防止をするためには継続的なストレッチが必要です。

少しの時間でもいいので始めてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめです。

【めっちゃ効く~!?】試してほしい肩こり解消グッズ情報

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-肩こり, 肩こり解消
-, ,