肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

【その場で効果を実感!】肩こり解消効果がある簡単裏ワザストレッチはこちら

デスクワーク、スマホの使用、長時間の自動車運転などで、

ガチガチの肩こりに悩まされている方は多いのではないでしょうか。

特に仕事中、肩こりがひどくなってしまうと集中力が下がってしまい、

スポンサードリンク

仕事も手につきません。

今回はそんな時に即効性があり、その場で効果が実感できる裏ワザストレッチと、

柔軟性を向上させるストレッチのポイントを紹介します。

20941615c9ac960ab130ceb540eddb93_s

①柔軟性を上げるストレッチのポイント

ストレッチにも基本となるポイントがあります。

漠然とストレッチを行っているだけでは、思うような効果を得ることはできません。

日頃から運動不足の方で身体が硬い方は、

基本となるポイントを無視してストレッチを行っている傾向があるので、

柔軟性を高めるためにも、正しい方法で行うように心がけましょう。

①-1 目的となる関節の動作に集中する

ストレッチでは、特定の関節を曲げたり伸ばしたりすることで、

主に筋肉の両端を引っ張って伸ばしていきます。

このとき目的となる関節だけを集中して動かす事が重要です。

つられて関係ない部分まで動いてしまうと、

目的とする部位を十分に動かせず、筋肉をしっかり伸ばせなくなるからです。

ストレッチを行う関節以外は、

しっかりと固定したまま伸ばしていくように注意しましょう。

①-2 肩関節は土台となる肩甲骨から動かす

肩周りのストレッチを行う際は、

肩甲骨から大きく動かして伸ばすことがポイントになります。

肩甲骨とは背中上部にある平らな骨です。

腕の付け根である肩関節の土台にあたります。

この肩甲骨は、肋骨に対してスライドして動くという特徴があります。

つまり、腕は肩から先だけが動くのではなく、

肩関節の土台となる肩甲骨そのものから動かす事ができるのです。

したがって、肩周りの筋肉をストレッチする場合は、

肩甲骨ごと動かした方が筋肉の両端をより遠く引っ張る事ができます。

反対に肩関節の動きは大きくても、肩甲骨が固まったままでは、

筋肉を十分に伸ばすことができません。

肩こり解消するこの部分が重要なので、特に意識してください。

スポンサードリンク

②柔軟性向上のテクニック

②-1 呼吸で胸郭の動きをアシストする

ストレッチを行う時は呼吸を利用して胸郭を動かすと、

身体をより効率的に伸ばすことができます。

呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸がありますが、このテクニックで活用するのは、胸式呼吸の方です。

胸郭を上下させる、肺の空気を出し入れする胸式呼吸を行う事で、

腹筋群の伸びがアシストされます。

胸式呼吸によって胸郭を持ち上げると、

肋骨下部に接着している腹筋群の付着部も一緒に持ち上げられるため、

腹筋群をさらに伸ばす事が可能になります。

反対に、胸郭が下がったままでは、十分に伸ばすことができません。

胸郭は背骨の両サイドから肋骨が伸びる構造になっています。

胸式呼吸で胸郭を持ち上げると、脊柱を伸ばす動きの制限も緩和され、

背中がさらに反りやすくなると考えられます。

②-1 テコの原理を利用して効率的に伸ばす

テコの仕組みで関節に力を加えるとき、同じ力でも、

支点から遠い所に力を加えると、関節をより強く曲げる事ができます。

いわゆるテコの原理です。

このテコの原理をストレッチに応用すれば、そんなに強い力を加えなくても、

効率的に筋肉を伸ばす事ができます。

首のストレッチを例にたとえると、支点となる首から遠い頭の先端あたりを引くと、

テコのレバーが長くなるので効果的です。

反対に、支点に近い後頭部あたりに手をあててしまうと、

テコのレバーが短くなってしまうので、頑張って力を加えても、

筋肉を伸ばす力は弱くなり、効率悪くなってしまいます。

②-3 筋肉の解剖特性を利用する

ストレッチの際に覚えておくべき筋肉の解剖特性は、

大きく分けて二つあります。

身体にある筋肉曲げる筋肉や伸ばす筋肉、あるいはひねる筋肉など様々です。

筋肉のなかには、付着部が少し入り組んでいて、曲げる、かつひねるといったように、

代表的な動きに加えてひねる働きを併せ持っている筋肉があります。

具体例を挙げると、腕を前に振る働きに加えて、

腕を内にひねる働きの働きも併せ持つ大胸筋が、その代表的な例といえます。

これらの筋肉を効果的に伸ばすには、

ひねる働きを無視してストレッチを行っては不十分です。

大胸筋であれば、腕を後ろに振りつつ、外側にひねるという具合に、

筋肉の持つ解剖学的特徴を存分に活用した方法で行うと、

より効果的に伸ばせます。

③肩こり解消効果抜群!簡単裏ワザストレッチ

③-1 肩こり専門治療院のストレッチ

出典:肩こり研究所 katakoriLabs

③-1 肩こり解消ストレッチ

出典:筋トレTV

③-3 背中のこり解消ストレッチ

筋トレTV

③-4 猫背改善ストレッチ

出典:筋トレTV

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ストレッチで肩こり解消するためには、ポイントやコツがあります。

それを無視して行ってしまうと、きちんとした効果は得られません。

自宅やオフィスで行う時もその点を十分に意識して行ってください。

効果を得るには基本が大事です。

こちらの記事もおすすめです。

肩こり解消グッズで手軽に治す!口コミでおすすめはこれだ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-肩こり, 肩こり解消
-, ,