肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

肩こり解消には腕立て伏せが効果あり!肩こりは筋トレで解消出来る

運動不足で肩こりになっている方は多いのではないでしょうか。

肩こりは頭部を支える筋力の低下からも起こります。

普段から運動をする習慣がない人は筋力は、

どんどん衰えているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

肩周りの筋肉をつけるのにはどうしたらよいか?

それは腕立て伏せが器具一番簡単です。

今回は腕立て伏せをして肩周りの筋肉をつけて、

肩こり解消をする方法を紹介します。

733a1ce32705b41863d986ffca093165_s

①肩周りの筋トレがもたらす肩こり解消効果

肩こりの原因に運動不足と筋力の低下からなる肩こりがあります。

特にデスクワークをやる方などは運動不足で、

筋力が低下している方は多いのではないでしょうか。

筋力や筋肉の柔軟性が低下すると、

筋肉の収縮が起こりにくくなります。

そうすうると次第に筋肉が硬くなり血管を圧迫し、

血液の循環が悪くなります。

血流の流れが悪くなると、

筋肉に酸素や栄養が運ばれずに老廃物がたまり、

肩こりになってしまうのです。

筋トレをする事により、

筋肉の力を十分に発揮する事が出来ます。

筋肉の力を十分に発揮すると、

首肩周りの血流が良くなり、新陳代謝も良くなります。

そして疲労物質なども蓄積する事もなくなり、

肩こりがしにくい身体になっていきます。

スポンサードリンク

②肩こり解消に効果がある腕立て伏せ

肩こりは、頭や腕を支える筋力をUPさせることで改善します。

今回は背中側の首から肩を覆っている僧帽筋という筋肉を鍛えます。

僧帽筋は背骨と肩の関節をつないでいる筋肉で、背筋を伸ばしたり、首を起こすときに使います。

僧帽筋が鍛えられていないと猫背になり、肩こりになってしまうかもしれません。

それでは、僧帽筋を鍛える腕立て伏せメニューを紹介します。

 ②-1 プッシュアップ(腕立て伏せ)

1.肩幅よりも少し広めに手を開き、床につけます。

2.両足は閉じた状態で後方にまっすぐ伸ばします。

3.息を吸いながら、肘の角度が90度くらいになるまで体を低くします。

4.息を吐きながら、体を持ち上げて1の状態に戻る。

※10回を1セットとし、2~3セットを目安に行ってください。

※つらい場合は膝をつけて行ってもかまいません。

②-2 ナロープッシュアップ

1.手を肩幅もしくは肩幅より狭くします。

2.手とつま先を床につき、肘を伸ばして支え、体を浮かせます。

3.肘を曲げて、胸を下におろしていきます。

4.胸が床につかないようにギリギリまで下ろしたら、元に戻します。

※お尻が出たり引っ込んだりしないように気をつけてください。

※10回1セットで2~3セットを目安に行ってください。

②-3 ワイドスタンスプッシュアップ

1.手を肩幅より広げます。

2.手とつま先を床につき、肘を伸ばして、体を浮かせます。

3.肘をゆっくり曲げ、体を下におろしていきます。

4.胸が床につかないようにギリギリまで下ろしたら、元に戻します。

※お尻が出たり引っ込んだりしないように気をつけてください。

※10回1セットで2~3セットを目安に行ってください。

③肩こり解消のつもりが悪化!筋トレの注意点は?

肩こりを解消するつもりが、筋トレをする事により悪化してしまう。

無理な姿勢や過剰な負荷をかけてしまうと、逆効果になってしまいます。

まずは筋トレに対する正しい知識、自分の体調などを考慮しながら、

行う事が必要です。

筋トレで肩こりの症状が改善するわけではありません。

肩こりの症状によっては、ストレッチで身体のコリをほぐしてから、

筋トレする方がいい場合もあります。

次の点に伴う症状がある人は筋トレをひかえてください。

しびれを伴う症状がある人。

頭痛を伴う症状がある人。

首を傾けるだけで首や背中が突っ張った感じがあり痛みがある人。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

簡単な腕立てを行うだけで筋力の低下、血流の改善が行えます。

器具も必要ないので、

自宅ですぐに取り組めます。

しかしやり方を間違えると肩こり解消どころか、

かえって悪化させてしまいます。

正しい知識を身につけて取り組んでみてください。

こちらの記事もおすすめです。

肩こり解消グッズで手軽に治す!口コミでおすすめはこれだ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-肩こり, 肩こり解消
-, ,