肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

【肩こりは子供の成長にも影響あり!】子供の肩こりを解消するためには生活習慣の改善でを心がけよう!

最近は、生活習慣が変わり子供の肩こりをご存知でしょうか。

まさかそんな子供がなるわけはないでしょうと思うかもしれませんが、

肩こりになる小中学生、またはそれ以下の子供にも見られます。

スポンサードリンク

子供の肩こりは成長に悪影響を与えてしまいます。

今回は子どもの肩こりの原因と影響、解消方法について紹介します。

子供の健全な成長を助けるためには周りのサポートが十分大事です。

小さなサインを見逃す事がないように注意しましょう。

f0e6d28bed151f59a57fa7a6f9326213_s

①子供の肩こりの原因は

大人ばかりでなく、子どもでも肩こりになることがあります。

最近は、家や外にいながらゲームやスマートフォンばかりしている子や、

受験勉強や塾通いなどで長時間同じ姿勢で勉強している。

子供も塾やおけいこ事などで忙しい子供は多いのではないでしょうか。

子供も忙しければ、ストレスが抜けない、そして疲労が取れず緊張状態が続いてしまいます。

そうなってしまうと肩こりになってしまうのです。

子どもは筋肉疲労の回復が早いので一時的に悪い姿勢をとっていても、

体を多く動かすことで筋肉の緊張がほぐれていきます。

しかし、体をほとんど動かさないで遊ぶ子どもの場合、そのまま筋肉疲労が蓄積され、

体のバランスが崩れて肩こりになると言われています。

子供の頃から肩こりになってしまう事で、健康バランスが崩れてしまう場合があるので、

注意が必要です。

子供の肩こりの原因をまとめると

1.勉強及びゲームやスマートフォンなどの長時間使用による姿勢悪化

2.ゲームやスマートフォンの普及により、外で体を動かして遊ぶ事が減った。(運動不足)

3.生活によるストレスが増えた。

スポンサードリンク

②肩こりが及ぼす子供への影響は

②-1 肩こりや痛み、頭痛などで集中力の低下

受験を希望される家庭はたいがい学校だけでなく、

熟などに通い勉強時間が長くなるのではないでしょうか。

机に向かい、長時間同じ姿勢でいると筋肉が硬くなり、血液循環も悪くなります。

肩こりによって筋肉が緊張し続けると、肩のこりや痛みにとどまらず、

緊張性頭痛にもつながります。

痛みが続いてしまうと集中力や学習意欲の低下につながりかねません。

③-2 筋肉がこわばると運動不足になってしまう

肩こりになると首や肩の血液循環が悪くなります。

そうなると慢性的に肩や首周りがこわばります。

こわばった筋肉を無理に動かすと痛みが生じるため体を動かすことが少なくなります。

それと子供は大人のような我慢の仕方はしないので、痛みを恐れて余計に体を動かさないかもしれません。

常日頃の動きなどには細やかな注意が必要です。

子供でも運動不足や体力低下によって、体を動かさない、生活が乱れるということを繰り返していると、

運動不足以上に深刻な事態に陥ります。肥満や、生活習慣病などの病気です。

子供の頃からそうならないように日頃の運動を心がけるようにしましょう。

②-3 視力が低下してしまう

テレビゲームやスマートフォンなどの画面を近くで長時間見続けることは、

目を疲れさせる視力低下や肩こりの原因となります。

肩こりや肩が痛いと、頭の重みに耐え切れずどんどん前のめりになり、猫背になってきます。

猫背になり、前のめりになると、目と机の距離が近くなり、目への疲労が蓄積します。

子どもの時期から近い場所のものばかりを見ることに慣れてしまうと、

目の機能が衰えて近視になりやすくなります。

成長期の子供の視力は外界の影響を受けやすく、

簡単に悪化してしまいますので十分気をつけてください。

②-4 睡眠不足になってしまう

慢性的な肩こりは、子供の身体に大きな負担をかけてしまいます。

体は痛みに耐えて疲れているのに、痛みや筋肉の強張りのために興奮した状態になる。

そのため身体はいつでも興奮した状態になり、穏やかな眠りを得ることができずに睡眠不足の子供も多いのです。

常に緊張した状態では子供は休まる時間がありません。

心も休まらない状態になってしまうと情緒不安定になってしまうので、注意が必要です。

③子供のためにできる肩こり解消策は

大人と違い、子供は自分を上手にコントロールする事はできません。

大人が上手に対処して、子供の肩こりを予防、解消しましょう。

③-1 正しい姿勢に戻し、休憩をこまめにとる。

勉強やゲームなどに集中していると、子供はついつい目が近くなり、

姿勢が悪くなってしまいます。

頭が前のめりになると、猫背の状態になりやすいので、正しい姿勢に戻るように教えてあげましょう。

子供に正しい姿勢を意識させるのがポイントです。

使っている机や椅子の高さが子供の身体に合っていないと姿勢が崩れやすくなるので、

子供の大きさに合わせて家具の高さの調整を見直していくことも必要になります。

長時間、同じ姿勢をとるとは肩こりを引き起こします。

受験勉強も大事ですが、休憩をとり筋肉をほぐす事も重要です。

肩こりや頭痛の症状が出てからでは遅いので、特に注意してください。

③-2 ゲームをしたり、テレビを観る時間を決める

ゲーム機やテレビ、スマートフォンなどの画面は、光が目に入り眼筋を疲労してしまいます。

子供は楽しいことを自分で自制するのが難しく、なかなかゲーム機などを離しません。

話はそれますが、私の子供はゲームやタブレットばかりいじっているので、隠された事があります。

やらせないのが一番いいのですが、ストレスを溜め込むのもよくないので、

これは大人が時間を制限してあげるのが一番よいのではないでしょうか。

③-3 運動する時間を増やす

大人の場合もそうですが、子供も肩こり解消するためには運動する事が一番です。

適度な運動はストレス解消にもなります。

休みや時間がある場合は積極的に公園などに遊びに連れ出すなど、

子供が体を動かすことができるようにすることが重要です。

面倒くさがらずに大人も一緒に体を動かし運動不足や肩こりを解消しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

子供の頃から肩こりになってしまうと、生活習慣病などを引き起こしてしまう場合もあります。

子供の場合は上手く自分をコントロールする事は出来ません。

大人が上手に導いてあげないと、子供は肩こり解消や予防は難しいでしょう。

子供が健康な毎日を過ごせるように、

まずは少しの生活習慣から変えてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめです。

肩こり解消グッズで手軽に治す!口コミでおすすめはこれだ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-肩こり, 肩こり解消
-, ,