肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

【肩こり解消とダイエット効果あり!】痩せる!そして肩こりにも効果がある反動ストレッチで身体を変えよう

生活も便利になり、運動不足になっている方は多いのではないでしょうか。

運動不足になってしまうと、身体がガチガチになってしまい、

肩こりになってしまったり、太ったりしてしまいます。

スポンサードリンク

肩こり解消やダイエットをするためには、運動は重要です。

でも激しい運動や筋トレはちょっと・・・・という方もいると思います。

今回はそんな方におすすめの反動ストレッチを紹介していきます。

b95d39ec7ff89923b3cfd8bea427bf70_s

①なぜストレッチはおすすめなの?ストレッチの効果は

身体が硬い、肩や腰の筋肉がこっている、運動が苦手という方には、

ストレッチはおすすめです。

筋肉が本来の役割を果たせば、色々な効果が見込め、

肩こり解消やダイエットには不可欠です。

ではストレッチは行う事によりどういった効果をもたらすのでしょうか。

①-1 筋肉の緊張が和らいでリラックス

仕事や生活でストレスがかかる事がたくさんあると思います。

ストレスがかかると筋肉にも無意識に力が入ってしまいます。

筋肉をストレッチで伸ばすと筋肉の緊張がとれて柔らかさが戻ります。

柔らかさを取り戻すと、副交感神経が優位になり、

精神的緊張も和らぎ、リラックスします。

①-2 血流アップで疲労が早く解消

血管の静脈には、血液の逆流を防ぐ弁があります。

デスクワークなどで座りっぱなしになると、弁がふさがったままになります。

ストレッチを行うと、筋肉の収縮、弛緩の繰り返しで動きだし、

たまった老廃物や疲労関連物質が流れ出す事で、疲労回復が早まったり、

肩こり解消効果が見込めます。

①-3 太りにくい身体になる

ストレッチをする事で硬くなっていた筋肉が柔らかくなります。

筋肉が柔らかくなると、筋肉が糖を取り込んで代謝する能力が向上します。

食後に食べた糖が消費されやすくなることにより、

肥満や糖尿病を防ぐことができるようになります。

①-4 筋肉の減少を防ぎ、運動効果も高める

筋肉は加齢とともに減少していきます。

ストレッチを行い、筋肉を伸び縮みさせ続けると、筋細胞が増えます。

ストレッチは体を柔らかくすると同時に筋トレの役割もあります。

そして関節周りの筋肉が柔らかくなると、運動効果も高くなります。

スポンサードリンク

②反動ストレッチはトリプル効果あり

反動ストレッチにはストレッチ・筋トレ・有酸素運動の三つの効果があります。

反動ストレッチは反動をつけて、高い速度で筋肉を伸ばすと、

筋肉内の筋紡錘が感知します。

筋紡錘の作用でより速く、強く収縮する速筋が働き筋トレ効果があります。

そしてそれを三十秒以上続けると有酸素運動になり、脂肪燃焼効果が見込めます。

反動ストレッチは筋肉を伸ばした状態から、反動をつけて弾むように動きます。

反動ストレッチは軽い負荷で効率的に筋肉を鍛えられます。

筋トレ嫌いや激しい運動が苦手なかたにはおすすめです。

③肩こり解消もできて、ダイエットもできる反動ストレッチ

③-1 ランジ反動ストレッチ

脚を前後に開いた状態で、弾むように身体を上下させます。

脚を開くほど効果が高まります。

後ろに引いた脚の前側がしっかり伸びている状態を感じながら、行って下さい。

左右10回ずつ行ってください。

③-2 わき腹伸ばし反動ストレッチ

1.肩幅に足を開いて立ちます。 両手を組み、軽くひじを曲げてあげます。

体が前に倒れないように注意しながら、上半身を右に倒します。

2.右に倒せるところまで倒し、左のわき腹をしっかり伸ばしたら、

弾むように反動をつけ左に倒す。

このとき、両足のかかとが浮かないように注意してください。

3.左に倒せるところまで倒し、右のわき腹しっかり伸ばしたら、

再び反動をつけて右に倒す。

最初はゆっくりした動きで始め、徐々に速度を上げて繰り返す。

腹斜筋が鍛えられ、ウエストが引き締まります。

10往復行ってください。

③-3 腕開き反動ストレッチ

1.肩幅に足を開いて立ちます。ひじを曲げ、手のひらを顔に向けて、

顔の高さまで上げます。

次にひじを後ろに引いて腕を伸ばしていきます。

2.親指を下に向けるように腕をねじりながら、腕を伸ばして開きます。

開ききったら、反動で元の姿勢に戻ります。

最初はゆっくりと行い、徐々に速度を上げて繰り返します。

二の腕が細くなる効果があります。

10回繰り返し行います。

③-4 背中伸ばし反動ストレッチ

1.肩幅に足を開いて立ちます。ひじを曲げ、手のひらが上を向くようにして、

わきに添えます。

ここから腕を内向きにねじりながら伸ばしていきます。

2.腕が伸びきった位置からさらに5cm押し出す気持ちで伸ばします。

同時に、手を外に向けるように腕をねじります。

肩ごと前に出すイメージで行います。 反動で元の姿勢に戻します。

肩甲骨まわりの筋肉をほぐし、鍛えます。

左右10回ずつ行ってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ストレッチには血流を改善する効果や筋トレの効果があり、

肩こり解消やダイエットにはおすすめです。

激しい運動や筋トレが苦手な方は試してみてはいかがでしょうか。

ストレッチなどの運動療法は、継続しないと効果が出ないので、

まずは継続することから心がけてください。

こちらの記事もおすすめです。

肩こり解消グッズで手軽に治す!口コミでおすすめはこれだ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-肩こり, 肩こり解消
-, ,