肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

【むちうち後遺症での肩こりはどうしたらいいの?】むちうち解消法や注意事項まとめ

むちうちは頚部に問題を抱えやすく、後々症状に結びつく可能性があります。

むちうちの後遺症で頭痛や肩こりに悩まされる方も多いのではないでしょうか。

軽いむちうちだと思い、放置しておくと後遺症として残る場合もあるため、

スポンサードリンク

軽い症状でも対処していくことが大切です。

今回はむちうちの症状や原因、解消法や治療法について紹介していきます。

e400d11615ba1afdd349ac93c6e813d4_s

①むちうちになる原因とは

①-1 むちうちとはどういうことをいうのでしょうか

自動車事故などでむちうちになったということを聞いた事はあると思いますが、

そもそもこのむちうちとはどういうものでしょうか。

自動車の追突、衝突、急停車などの衝撃で、

首がむちのようにしなることから起こる症状のためむちうちと呼ばれています。

実はむちうちとは正式な傷病名ではなく、

一般的には外傷性頸部症候群あるいは頸椎捻挫、頸部挫傷と呼ばれています。

自動車事故などで大きな衝撃を受けた後、原因不明 の頭痛や肩こり、

めまい、耳鳴り、手足のしびれといった症状が出る場合があります。

①-2 むちうちの原因とは

むち打ちは衝撃を受けたときの身体と頭の二つの動作に、

時間的なずれが生じることによって起こります。

その衝撃で頸椎、椎間板、関節包、頸部の筋肉等を損傷してしまいます。

受けた衝撃が大きいほど首周辺の組織が損傷し、

血管や神経までダメージをを受ける場合もあるそうです。

むち打ちは交通事故によってのみ起こるのではありません。

飛び込みや、球技などのスポーツ、頭に重いものが落下してきたときなどに、

起こる場合もあります。

スポンサードリンク

②むちうちの症状とは

②-1 頭痛や吐き気

むちうち後に頭痛や吐き気などの症状を訴える方は多いのではないでしょうか。

しかし、頭痛や吐き気がむちうちに起因するものなのか、

慢性的に頭痛になっているものなのか判断が難しい場合があります。

受傷後、すぐに頭痛や吐き気が出れば、その原因は事故によるものだと断定できますが、

症状は後日現れることも少なくありません。

むちうちの症状の一つである頭痛は、まさに典型的な症状といえます。

一方で、 この頭痛という症状は案外見逃されやすいものでもあるのです。

むちうちが原因である場合の頭痛は、

放置しているとその後遺症で長い間、悩まされることになりかねません。 

むちうちによる頭痛は日常生活に支障をきたします、少しでも異変を感じたら、

病院で受診されることをおすすめします。

②-2 頸椎捻挫型

頚椎が衝撃を受けた時に、靭帯や筋肉が引き伸ばされたり断裂したりして、

捻挫を起こした状態になります。

首や肩、背中の痛みやこりが強く出るため、首を回したりする動きが制限されます。

症状がひどいとまったく首が動かせない状態になります。

②-3 バレリュー症候群

別名で後部交感神経症候群とも言います。

血管を司る交感神経系が損傷したり、

頚椎を通って脳へ血液を運ぶ椎骨動脈といわれる動脈の血流が低下し、

脳が一過性の血流障害に陥るため起こる症状だと考えられます。

その症状は、頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、だるさ、上肢のしびれ等が現れます。

②-4 神経根症状型

むちうちの症状によって、脊髄神経が枝分かれして出てくる部分で直接的に神経が圧迫されたり、

椎間板を損傷して神経を圧迫してしまった場合、

神経根周辺に炎症や腫れ、圧迫などが起こると神経を支える根元部分に痛みを感じると言われています。

神経根症状型の主な症状として、その神経が支配している領域に痛みや痺れ感、

感覚低下や筋力低下などの神経症状を呈する場合があります。

顔を上げた時、せきやくしゃみをした時に症状が悪化する場合があります。

②-5 脊髄症状型

むちうちで脊髄神経を直接傷つけたり圧迫してしまう場合があります。

衝撃によって椎間板が損傷を受けたり、周辺の筋肉や靭帯が耐えきれず切れてしまうと、

脊髄が圧迫され損傷を受けるといわれています。

脊髄神経は脳から足先までの神経の束ですので、

これに障害が起こると首や腕の症状のみでなく、

足のほうにも症状をきたす全身性の症状になる可能性があります。

脊髄の損傷は、重い症状を引き起こします。

症状としては腕の筋力低下、体のしびれや麻痺、知覚障害、歩行障害、

膀胱や腸の機能低下などが起こると言われています。

③むちうちや肩こり解消に対する治療や解消法まとめ

むち打ち症の治療を受ける際には、整形外科や整骨院になります。

むちうちや肩こりの解消には、きちんとした原因を知る事が必要です。

レントゲンやMRIなどで念入りに調べて治療方法を決定していくことが必要になります。

③-1 理学療法

むちうちや肩こりに対して広く使われている治療法です。

中でも頸椎を正しい位置に戻す為の首の牽引や、肩こりをほぐす為の電気療法が多いようです。

首の牽引はストレートネックなどの、肩こり解消リハビリ治療でも行われます。

話はそれますが、私が肩こりで行っているリハビリ治療は、患部を温めてから電気療法、

その後に首の牽引をしています。

引っぱる強さはたしか10kgといっていたような気がします?

金額はロキソニンテープ50mgが2枚ついて500円です。

保険適用なので治療費は安く出来るので財布にはやさしいです。

整形外科の先生によると、

肩こりの場合は首の牽引は1週間に2回くらい行うのがいいみたいです。

③-2 患部を冷やす

頸部などが損傷を受けると患部は炎症を起こして熱を持ちます。

その炎症を抑えるために患部を冷やす必要があります。

ただし、その場合シップではなく、氷や保冷剤を使うようにして下さい。

湿布薬には炎症を抑える成分は 入っていますが、

患部を冷やしているわけではないので注意が必要です。 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

むちうちはすぐに症状がでるものもあれば、時間が経ってからでてくるものもあります。

頸椎は人間の弱点であり、頸椎の問題から肩こりになる場合もあります。

むちうちになった場合は自己判断する事なく、

医療機関に受診することをおすすめします。

むちうちのリハビリで行う牽引治療は肩こり解消効果もあるので、

ぜひ試してみてください。

こちらの記事もおすすめです。

肩こり解消グッズで手軽に治す!口コミでおすすめはこれだ

最期まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

 

-肩こり, 肩こり解消
-, ,