肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

むくみ肩こりやむくみの原因はリンパの巡りの悪さが原因!解消するには筋肉を軟らかくする一分間リンパ・ストレッチがおすすめ

リンパの巡りが悪くなってしまうとむくみが起きてしまいます。

実はリンパの巡りが悪いと肩こりや頭痛、冷えなどの不調の原因の一つになってしまいます。

リンパの巡りを良くし、これらの症状を解消するには、

スポンサードリンク

ストレッチなどで、リンパが流れているリンパ管やリンパ節を伸縮させ、

リンパの流れを良くするのが効率的です。

今回はリンパの流れを良くするリンパ・ストレッチを紹介します。

613f4d933b40fbe11c247fe441fbee30_s

 

①リンパとは

全身にはリンパ液が流れるリンパ管が網目状に張り巡らされています。

それらが余分な水分や脂質成分、老廃物の回収や異物の除去を行っています。

しかし心臓というポンプの役割を持つ、血液と違い、

リンパの流れはゆるくてゆっくりと流れています。

通常の場合は筋肉の収縮がポンプの役割を果たし、リンパの流れを促進しています。

ただし運動不足で筋肉が硬くなってしまうと流れが悪化してしまいます。

そうなってしまうと、リンパ液が滞ってリンパ管が膨張し、

老廃物の吸収率が低下します。

回収されなかった老廃物が皮下の組織の隙間に過剰に溜まります。

リンパ管の要所要所にあり、

ろ過作用を持つリンパ節の働きも低下するから、

ますます老廃物が蓄積する身体になります。

停滞した老廃物が周囲の神経や内臓などを圧迫した結果、

さまざまな不調を引き起こしてしまいます。

スポンサードリンク

②4大リンパ節を刺激すればリンパは流れます

②-1 鎖骨のリンパ節

全身を巡ったリンパ液が最終的に流れ込んで静脈に合流する場所です。

猫背姿勢、きついブラジャーなどによる圧迫、

重いバッグを片側にかけるなど、バランスが悪い姿勢などによって滞ります。

頭痛や肩こりの原因になる事もあります。

②-2 腹部のリンパ節

下腹部にある内臓からリンパ液が集まる場所です。

デスクワークなどや自動車運転など、座っている時間が長くなると、

お腹を動かさない時間が増え、滞ります。

お腹まわりの脂肪、便秘や下痢、腰痛の原因にもなります。

②-3 そけい部のリンパ節

両脚や外陰部からのリンパ液が集まる場所です。

座り姿勢で圧迫されて、流れが滞ります。

股関節の動きが悪くなったり、太ももやお尻の肥大、セルライトの原因にもなります。

②-4 ひざ裏のリンパ節

ひざから足首、足元からのリンパ液が最初に集まる場所です。

座り姿勢で、圧迫され、滞ります。

ひざ下のむくみ、足の冷えやだるさはこのリンパ節の滞りが原因です。

③肩こりやむくみ解消リンパ・ストレッチ

末梢のリンパは徐々に深い部分にある太いリンパ管に流れ込みます。

リンパ節近くの筋肉を動かし、圧をかけたり、ひねりを加えたりすることで、

大量のリンパが効率よく流れ、巡りが改善します。

③-1 鎖骨リンパストレッチ

肩こり、不眠、頭痛に効果あり

1.イスに浅く座り、わきを締めてひじを胴体につけ、

小さく前にならえをします。

2.片方のひじを真っ直ぐ上げ、耳の高さを目指して持ってきます。

反対側のひじは肩の高さを目指して上げます。

3.次に反対側も同様に行います。このときに鎖骨がよく動きます。

ひじは無理のない範囲で動かしてください。

左右5回ずつ行ってください。

③-2 腹部リンパストレッチ

腰痛、便秘、お腹の脂肪対策に

1.両手を重ねて恥骨とおへその中間点に置きます。

肩の力を抜き、胸を広げ、息を吸いながらお腹をすくい上げます。

2.息を十分に吸いこんだら、

口から息を吐きながら上半身の力をゆっくりとゆるめます。

ゆっくり10回繰り返します。

③-3 そけい部リンパストレッチ

太もも痩せ、セルライトに効果があります。

1.イスに浅く座り、両脚を少し投げ出すようにします。

顔を上げ、背中を伸ばして右ひじをゆっくり左のひざに持っていきます。

2.同様に左ひじを右のひざに持っていきます。

顔は上げたまま、できるだけ背すじを伸ばして行う。

左右5回ずつ行ってください。

※背中を丸めたり、顔を下に向けたりするとねじり効果が薄れ、

しっかりと効かないので注意が必要です。

③-4 ひざ裏リンパストレッチ

足の冷えやだるさに効果があります。

1.イスに浅く座り、両脚を少し投げ出すようにします。

片方のつま先を上に向けてひざを軽く持ち上げる。

2.つま先はそのままで、

ひざをゆっくりと伸ばしながらかかとを前に押し出します。

反対側も同様に行います。

左右5回ずつ行ってください。

※靴はできれば脱いで行ってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

デスクワークや座った姿勢などが長時間続くと、

筋肉が硬くなり、リンパの流れも滞ります。

リンパの流れが悪くなると、肩こりやむくみの原因になります。

そうなる前にこまめにストレッチなどを行い、筋肉を軟らかくすればリンパは流れます。

そうすれば肩こりやむくみも解消、予防できますのでぜひ試してみてください。

こちらの記事もおすすめです。

肩こり解消グッズで手軽に治す!口コミでおすすめはこれだ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-肩こり, 肩こり解消
-, ,