肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

【頸椎や腰椎が原因?】肩こりや腰痛からくる腕や足のしびれにはストレッチで解消

腕や足がしびれるし、肩こりや首こりもある。

そういった症状で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

不快な感覚が続くしびれは、

あらわれる部位や症状によって原因や治療法は異なります。

スポンサードリンク

腕や足のしびれは頸椎性や腰椎性のトラブルの場合があります。

今回は頸椎性や腰椎性のトラブルからくるしびれの原因や、

ストレッチによる予防解消法を紹介していきます。

a1c1ebb3b09df2344df80f1cd203f44c_s

①しびれの原因は?

bd4570fd58989d69ac4d013bf1d28b29_s

①-1 頸椎や腰椎からくる腕や手のしびれや足のしびれの原因は?

手や腕にしびれがある場合に疑われる症状の一つとして、頸椎性の病気があります。

頸椎のどこかの部分が圧迫されると肩、腕、手などに痛みやしびれがあらわれます。

神経の通り道は決まっています。

しびれの出る場所により、頸椎のどの部分が問題なのかをだいたい特定できます。

そして足のしびれがある場合に疑われるのは、腰椎性の病気です。

特に腰椎は脊柱の中でも負担がかかりやすい部分であるため、

さまざまな症状が発生しやすい場所です。

①-2 腕のしびれや手のしびれから見つかる病気とは

・四十肩や五十肩

肩関節の周囲に起こる炎症のことでです。腕の上げ下げや、

頭や腰に手を回す動作で、しびれや痛みが出ます。

・胸郭出口症候群

胸の筋肉の緊張により、その下を通る腕の神経や血管が圧迫されて、

腕のしびれや痛み、こわばりなどを引き起こします。

・頸椎症や頸椎椎間板ヘルニア

首を後ろに反らせたり、横に倒した時に、しびれが起こります。

症状が強い場合は、椎間板から髄核の一部が飛び出すヘルニアがあることも。

・手根管症候群や腱鞘炎

手首にある手根管の神経の圧迫により手指の親指側にしびれや痛みが出ます。

それ以外の手指のしびれや痛みは腱鞘炎とされます。

①-3 足のしびれから見つかる病気とは

・坐骨神経痛

腰から太もも、ひざ、ふくらはぎを通り足底まで達する坐骨神経のどこかで

障害が発生することにより、痛みやしびれを引き起こす。

・腰部脊柱管狭窄症

脊柱管の一部が狭くなり、そこを通る神経が圧迫され、

しびれや痛みが起こる。

・腰椎椎間板ヘルニア

腰椎の椎間板が損傷し、内部から飛び出した髄核が、神経根を圧迫。

腰痛やしびれるような下肢の痛みを引き起こす。

・梨状筋症候群

坐骨神経の近くにある梨状筋という筋肉が硬くなり、

お尻や太もも、脚などにしびれを伴う関連痛を引き起こす。

こちらの記事に頸椎について書いていますので参考にしてください。

【肩こりや首こりからくる手のしびれは首に原因が!】

スポンサードリンク

②しびれを防ぐ生活習慣は

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

筋肉のこりやこわばりはしびれの原因となります。

しびれを防ぐためには普段からの生活習慣が大事です。

日頃の生活習慣の見直しが、しびれ予防に役立ちます。

②-1 しびれを防ぐためには

1.姿勢に気をつける

猫背や同じ姿勢を長時間続けていると、筋疲労を起こし、

筋肉がこわばり、しびれや痛みが発生しやすくなります。

筋肉に負担をかけないように、こまめにストレッチなどを行いましょう。

2.運動不足にならないようにする

毎日、軽い運動でいいので身体を動かす習慣をみにつけましょう。

ウォーキングなどがおすすめです。

運動をすることにより、ストレス解消、血流改善につながります。

身体を動かすことはストレス解消効果もあるので、

ぜひ取り入れてみてください。

3.身体の冷えに要注意

身体が冷えてしまうと血行不良により、筋肉が硬くなります。

冷えはしびれだけでなく肩こり、腰痛にも大敵です。

特に夏場の冷房や冬場の寒さ対策などを十分にして、

身体を冷やさないようにしてください。

③しびれに役立つストレッチ紹介

66e14ba37550b0f55e8bc2625569ae24_s

しびれの慢性化をふせぐために、筋肉の緊張をゆるめるストレッチを行いましょう。

しかし、痛い所を伸ばしすぎると、

筋肉が収縮し硬くなってしまうので注意が必要です。

③-1 猫のポーズストレッチ

1.両手両ひざを床について四つんばいになり、

左右の肩甲骨を広げるように背中を丸める。

2.首を起こして左右の肩甲骨を寄せて、肩甲骨まわりの筋肉を縮める。

3.背中の力を抜いて自然な状態に戻す。

4.両手を前方に伸ばし、気持ちいい所まで背中全体を伸ばす。

3回繰り返す。

③-2 背中をゆるめるストレッチ

1.足を肩幅に開きあごを引いて立ち、両手を体の後ろで組む。

2.首を後ろに倒し、胸を開くようにして背中側の筋肉を縮める。

3.左腕のひじのあたりを右腕で抱え、引き寄せて背中を伸ばす。

4.右腕のひじを抱え、引き寄せて背中を伸ばす。

3回繰り返す。

③-3 フロントランジ

1.あごを引いて背すじを伸ばし、軽くひじを曲げ、

手を腰骨の横に置く。

2.右足を大きく踏み出し、腰を落とし、体の重心を安定させる。

3回繰り返す。

③-4 ひざ抱えストレッチ

1.床に仰向けに寝て、体の力を抜きリラックスする。

2.両ひざを抱え、お腹の方にゆっくり引き寄せる。

3.息を吐きながら、さらに両ひざを引き寄せる。

3回繰り返す。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

頸椎や腰椎から腕のしびれや足のしびれが発生する事があります。

しびれや痛みは筋肉のこりやこわばりが大敵です。

そういったしびれを予防するためには、普段の生活習慣が重要です。

運動不足、不良姿勢、冷えなどには十分注意してください。

こちらの記事もおすすめです。

【めっちゃ効く~!?】試してほしい肩こり解消グッズ情報

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-肩こり, 肩こり解消
-, ,