肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

【背中こりをほぐせば肩こりが軽くなる!】背中からスッキリする簡単ストレッチ情報

肩こりと背中こりで悩んでいませんか。

特に仕事がデスクワークなど長時間運転のドライバーの方などは、

身体を動かさないために肩こりや背中こりがひどくなるばかり。

スポンサードリンク

しかし、背中こりの場合は自分で揉みほぐす事はできず、

困っている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな肩こりや背中こりをほぐす解消法やストレッチを紹介します。

①背中こりや肩こりに効果的なストレッチ

長時間にわたり、同じ不良姿勢を取り続けると肩甲骨周辺の血行が悪くなり、

筋肉が硬くなります。

それにより肩こりや背中こり、場合によっては痛みなどを引き起こします。

こういった場合は肩甲骨まわりをストレッチなどで、

大きく動かし、肩甲骨まわりの筋肉をほぐして血行を良くする事が重要になります。

①-1 肩甲骨体操

肩甲骨がどういう役割なのかなどきちんと説明がされており、

体操も分かりやすいです。

座って行う体操もあるので、オフィスなどで行うのには不向きな体操もあります。

出典:necotakashi

①-2 簡単肩甲骨ストレッチ

とてもシンプルでとても簡単なので、継続するには最適なストレッチです。

ストレッチなどの運動療法は継続すれば肩こりや背中こりを解消出来るので、

ぜひ継続する事をおすすめします。

出典:moritaku88

①-3 継続しないと柔軟性は変化しない

関節周辺の構造はコラーゲン繊維などから出来ていて、

運動不足などにより動かさないでいると硬くなります。

関節を動かさずにいるとコラーゲンの細かい繊維同士が強力にくっついてしまいます。

関節の可動域が一日で大きく増減するような事はありませんので、

継続してストレッチや運動を行いましょう。

①-4 肩こりや背中こりを感じてもストレッチは行うべきか?

筋肉のこりやはりの原因が疲労や筋肉痛であれば、

ストレッチを行っても大丈夫です。

むしろストレッチを行い、筋肉の興奮レベルを下げる事は、

はりやこり、疲労の軽減に役立ちます。

しかし肉離れやケガがある場合は無理にストレッチを行わないでください。

スポンサードリンク

②背中こりや肩こりに有効なツボやマッサージ

肩こりや背中こりをすぐに緩和したい時などは、

肩甲骨周辺のツボを押す事もおすすめです。

②-1 膏肓を押す

肩甲骨の下の角と上部内側の角の中間辺りのフチにあります。

肩こりや背中こりに有効なツボです。

自分で押すのはなかなか難しいので、パートナーに押してもらうか、

グッズなどで押すようにしてください。

出典:リタジネン式ツボ指圧

②-2 背中の関節マッサージ

タオルを使って背中の関節の動きを改善します。

1.背中にタオルを通して、わきの下まで引き上げる。

わきは締めて、両手でタオルをしっかり握ります。

2.背中をそらすため、スタートポジションはやや前かがみの状態で。

3.上を向いて背中を反らしながら、両手でタオルを引き上げる。

この体勢を15秒キープします。

1~3を5セット行ってください。

③背中こりと肩こりをほぐすおすすめグッズ

肩こりや背中こりをマッサージやツボ押しするのに役立つのが解消グッズです。

背中など自分で行う事が難しい場合にはとても有効です。ぜひ試してみてください。

③-1 ルルド 指圧グリグリATX-2030

背中のすむずみまで届く大きさで背中のツボ押しに有効です。

ハンズなどで試しに使用する事ができます。

作りが頑丈なので、強い力で押しても問題なく使用できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルルド 指圧グリグリ ATX-2030[マッサージ棒]【3_k】【あす楽対応】
価格:1100円(税込、送料別) (2017/3/20時点)

 

③-2 ルルド マッサージクッションS

とてもコンパクトで自動車運転中も使用する事ができる解消グッズです。

長時間のデスクワークや自動車運転をする方におすすめしたいグッズです。

なかなか隙間時間が取れない方、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

③-3 スライブ 自立式シートマッサージャー MD-8615

背中や腰をまんべんなくマッサージが出来る肩こり解消グッズです。

ヒーター機能がついていますので、筋肉のこりをほぐす効果が高まります。

折りたたむ事が出来るので片づけも簡単で場所も必要としません。

すぐに肩こりを緩和したいなという時におすすめのグッズです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

肩こりや背中こりにはストレッチやツボ押しが有効です。

しかし、ストレッチなどで毎日継続しなければ可動域は広がりませんし、

こりや痛みも解消できません。

まずは隙間時間に継続してストレッチを行う事をおすすめします。

なかなか時間が取れない方はグッズなどを使いながら、

上手に予防、緩和してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめです。

【めっちゃ効く~!?】試してほしい肩こり解消グッズ情報

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-肩こり, 肩こり解消
-, ,