肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

【慢性的な肩こりをストレッチ・ヨガで治す!】肩こり効果があるおすすめヨガポーズまとめ

身体を動かす習慣も少なくなり、肩こりはひどくなるばかり。

しかし激しい運動はしたくない。

そんな人におすすめしたいのが、ヨガのポーズです。

スポンサードリンク

ヨガは前屈、後屈、ねじりなどのストレッチ効果もあり、

肩こりなどの不調を治すためには最適です。

今回は肩こり解消に効果があるポーズを紹介します。

身体が硬い人でも出来るので、ぜひ参考にしてください。

①肩こり解消効果を上げるためのヨガの呼吸法

ヨガを行う上で重要なのが呼吸法です。

呼吸の安定が自律神経の安定をもたらし、心身を深いリラックスをもたらします。

まずは呼吸法をきちんとみにつけましょう。

①-1 呼吸のポイントその1

深い呼吸を行う事で内臓がストレッチやマッサージされ、代謝も活性化されます。

まずは呼吸の基本を知りましょう。

ヨガのポーズを行う上で重要なのが、ポーズ中に息を止めない事です。

鼻呼吸をするのが基本ですが、鼻呼吸が難しければ、口で呼吸をしても大丈夫です。

二酸化炭素や血液中の老廃物を排出し、新鮮な酸素を取り込むには、

まずは吐ききることから意識してください。

①-2 呼吸のポイントその2 丹田呼吸法

丹田とはへその少し下のところで、下腹の内部にあり、

気力が集まるとされる所といわれています。

だいたいへそ下から3~5cmくらいのところです。

深く吸って吐くことで、毒素を出すのにすぐれた呼吸法です。

1.体の中から息をすべて吐いたら、丹田を意識しておなかをふくらませます。

横隔膜を下げるイメージで行ってください。

2.丹田に集中したままゆっくり吐いておなかをへこませます。

横隔膜を上げる意識で息を吐ききり、呼吸を繰り返します。

スポンサードリンク

②ヨガを行うための気になる注意点

ヨガの効果を高めるためには3つのポイントがあります。

以下のポイントに注意してください。

②-1 ポーズ中は呼吸を止めない

深い呼吸は心身の緊張をやわらげます。

酸素を体の奥深くに届ける事で、ヨガの効果は格段に変わります。

②-2 ポーズに意識を集中する

ヨガをやる上で大事なのはやさしい刺激と呼吸の心地よさを感じることです。

落ち着く環境で、自分のペースで集中して行う事が大切です。

②-3 無理をせずにゆっくり行う

ポーズがきつければ途中でキープしてもかまいません。

勢いや反動をつけて行うと身体を痛めてしまう可能性があります。

ゆったりとした呼吸に合わせて行うのがポイントです。

ストレッチと同様にイタ気持ちいいと思える範囲で行い、

身体の調子を見ながら続けましょう。

③ストレッチ効果もあるおすすめヨガポーズ

③-1 気のポーズ

肩周りを中心に背中、胸、腕周りの関節や筋肉をまんべんなくほぐします。

肩こりだけでなく、二の腕の引き締めや猫背の改善の効果も見込めます。

出典:ネスレ日本公式チャンネル

③-2 ラクダのポーズ

上体を大きく反らせ、背中を通る自律神経の働きを調整します。

肩や胸周りの筋肉をしなやかにほぐし、美しく自然な姿勢になれる効果もあります。

出典:May yoga

※体が硬い人は腰に手を当てて上体を反らせても効果は同じです。

③-3 猫の背伸びポーズ

自律神経が通っている背骨をしなやかに伸ばす、リラックス効果の高いポーズです。

凝り固まった背中の筋肉を心地よくほぐします。

出典:ネスレ日本公式チャンネル

③-4 門のポーズ

緊張して固まった肩甲骨まわりの筋肉は、足を開いて骨盤をゆるめ、

体側を伸ばします。

肺のスペースが広がり、呼吸が深まるので脂肪燃焼効果も抜群です。

出典:All About Beauty

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ヨガには前屈、後屈、ねじりなどのストレッチ効果もあります。

呼吸もきちんと行う事が出来れば、内臓もストレッチができ、

代謝アップの効果もあります。

ポーズも簡単なので肩こりなどの症状を治したい方にはおすすめです。

まずは1日1ポーズから取り入れてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめです。

【めっちゃ効く~!?】試してほしい肩こり解消グッズ情報

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-肩こり, 肩こり解消
-, , ,