肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

【育児や授乳での肩こりがつらい!】少しでも楽にするためのストレッチと解消情報まとめ

産後の育児や授乳などの姿勢などで肩こりに悩む女性は多いのではないでしょうか。

特に授乳の姿勢や抱っこなどで姿勢が崩れてしまいがちです。

姿勢が崩れてしまうと、首や肩の緊張を招いてしまい肩こりになってしまいます。

スポンサードリンク

これをほっといてしまうと慢性的な肩こりになり、育児にも悪影響を及ぼしてしまいます。

そうならないために、隙間時間に簡単なストレッチと肩こり解消グッズを紹介します。

①授乳中の姿勢の悪さが肩こりを引き起こす

子供を授乳や抱っこをしているとどうしても、重心が前にいってしまい、

猫背になってしまっているのではないでしょうか。

それと始めての育児の方はストレスなどで身体に余計な力が入り、

筋疲労なども起こしてしまいます。

まずはどういった状態なのかをよく知りましょう。

①-1 背中が丸まった姿勢の悪影響は

授乳や抱っこなど、長時間同じ姿勢を続けていると疲労が蓄積し、

筋疲労を起こしてしまいます。

筋疲労は血流の流れを悪くし、肩こりの原因となってしまいます。

特に長時間の抱っこなどは不良姿勢を助長してしまうので、

疲れたら身体を動かす、姿勢を変える、体操やストレッチなどを行うなどの工夫が必要です。

①-2 猫背による悪影響は

猫背になってしまうと、肩こりだけでなく自律神経も乱れがちです。

特に脊柱上部が丸まってしまうと、喘息や狭心症に、

脊柱中央が丸まっていると胃下垂、胃酸過多、十二指腸潰瘍に、

腰部が前に丸まっていると、

膀胱炎や便秘になりやすいこともあるので注意が必要です。

スポンサードリンク

②育児中におすすめの肩こり解消法は?

自分で肩こりをなんとかしたいという方も多いのではないでしょうか。

自宅で簡単に出来る解消法を紹介します。

②-1 首や肩周辺を温める

体は温めると血行が良くなります。

血行が良くなると血行が良くなることで、痛みを和らげる効果もあります。

温熱グッズなどで温めたりするのは簡単なのでおすすめです。

②-2 マッサージをする

すぐに肩こりを緩和したい場合にはマッサージは有効です。

肩こりや痛みの原因は肩周辺の筋肉のこりが原因です。

マッサージでこりがほぐれて筋肉が柔らかくなれば、

血流がよくなり、筋肉にたまった疲労物質もスムーズに排出されます。

その結果、痛みやこりも和らぎます。

②-3 ストレッチを行う

授乳や抱っこなどで同じ姿勢を続けていると、

しだいに筋肉がこわばってきて、血行が悪くなります。

これを防ぐためには、ストレッチなどで身体を動かす事が重要です。

ストレッチには緊張を和らげ、リラックスする効果があるので、

育児で常に緊張をしいられるママにおすすめです。

③ストレッチやグッズで育児による肩こり解消!

肩こりを予防・解消するにはストレッチを行ったり、

グッズを使用するのが一番の近道です。

上手に活用して育児による肩こりを予防・解消しましょう。

③-1 洗える授乳クッション

洗う事も出来て、衛生的に使用できるクッションです。

値段も安価でおすすめです。

授乳中に姿勢を正しくするのはなかなか難しいと思います。

姿勢が崩れてしまうと、肩こりだけでなく色々な悪い症状も引きおこします。

まずは授乳クッションを使用して姿勢の崩れからくる肩こりを防ぎましょう。

 

③-2 電気毛布版ショルダーウォーマー

首や肩周辺を温める事により、血行を良くしこりや痛みを和らげます。

コードを使用するわずらわしさがあるかもしれませんが、

本体が壊れない限り何度も使用する事ができます。

肩に巻いて使用するので、授乳中も使用することができます。

洗う事もできるので、衛生面も問題なしです。

育児による肩こりだけでなく、慢性的な肩こりに悩まされている方にもおすすめです。

 

③-3 あずきのチカラ 首肩用

電子レンジで温めて使用します。

コードがないので自由に動き回りながら使用する事ができます。

ゆたぽんのように重くありません。

ドラッグストアなどでも購入することができます。

しかし、電子レンジの加熱で小豆がこげたりする場合があるので注意が必要です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

桐灰 あずきのチカラ 首肩用 1個
価格:1380円(税込、送料別) (2017/3/19時点)

 

③-4 肩を回すストレッチ

色々なストレッチが紹介されていると思いますが、

このストレッチを継続するだけでかなり肩こりがよくなります。

このストレッチは僧帽筋、肩甲挙筋、広背筋、大胸筋など、

色々な筋肉を効果的に動かせるのでおすすめです。

まずはこのストレッチを継続的に行う事をおすすめします。

出典:大島カイロプラクティックセンターつなしま整体院

まとめ

いかがでしたでしょうか。

育児による授乳や抱っこなどでの無理な姿勢は肩こりなどを引き起こします。

姿勢が悪くなってしまうと、肩こりだけでなく様々な症状を引き起こします。

育児中はなかなか時間が取れなくて、

肩こりを解消するのは難しいかもしれませんが、隙間時間を上手に使い、

グッズやストレッチなどで予防・緩和するこが大事です。

育児に悪影響を及ぼさないためにもぜひ取り入れてみてください。

こちらの記事もおすすめです。

【めっちゃ効く~!?】試してほしい肩こり解消グッズ情報

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-肩こり, 肩こり解消
-, ,