肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

【一人で伸びない筋肉を効率よく伸ばし肩こり解消!】二人で行うペアストレッチで心とカラダをリフレッシュ

肩こりを解消するために、

一人でストレッチやマッサージを行う方は多いのではないでしょうか。

肩こり解消にはストレッチを行い、身体を継続的にほぐす事が重要です。

ストレッチは一人で行うよりもパートナーと二人で行う事により、

一人では難しい部位もサポートしてもらうことでしっかり伸ばすことができます。

スポンサードリンク

二人で行う事により、

ストレッチをリラックスして楽しみながらできるのではないでしょうか。

今回は肩こり解消に効果があるペアストレッチを紹介します。

運動不足や肩こりを解消するために、家族や友人と取り組んでみてはいかがでしょうか。

2e14ab395c5ef8f545fc8d8232468b24_s

①ペアストレッチの効果

b15c74f6d220b4fb0e06bd164a2fe899_s

ペアストレッチには3つの効果があります。

①-1 リラックスした状態で筋肉をストレッチができる

トレッチでは筋肉を伸ばすためにリラックスした状態を作る事が重要です。

自分で行うストレッチでは、自分でストレッチする部分を押えてしまうので、

どうしても力が入りがちです。

ペアストレッチではパートナーが足や手を動かし誘導してくれますので、

自分自身が力を入れる必要がなくリラックスした状態で行えます。

①-2  自分では伸ばしにくい筋肉を伸ばすことができる

分で行うストレッチではなかなか伸ばせない筋肉があります。

たとえば、ウエストまわりの筋肉の大腿筋膜張筋や中殿筋です。

ペアストレッチではそういった自分一人では伸ばせない筋肉を、

パートナーにストレッチしてもらうことができます。

スポンサードリンク

②ストレッチを行う時の注意点

9b8034b6528880d518edfe7329c4f68b_s

②-1 伸ばす力と時間の目安

トレッチを行う時は、軽く痛みを感じる程度の強度で伸ばし、

じっくりと止めるのが基本のスタイルです。

まったく痛みを感じない強度で行ってしまうと効果が得られない可能性が高くなるので、

ストレッチで伸ばす時は痛気持ちいい程度で15~30秒を目安に行ってください。

②-2 行うタイミングはいつがいいの

トレッチは身体が十分に温まった状態で行うのが重要です。

筋肉には温まると伸びやすく、冷えると伸びにくくなる性質があります。

身体が冷えてしまっている場合は準備体操や入浴後に行うのもおすすめです。

柔軟性向上のためには、運動前より運動後に行うのが最適です。

③おすすめ肩こり解消ペアストレッチ紹介

800__se2                   出典:All About

③-1 うつぶせバンザイストレッチ

受ける人  手を肩幅に開き、脚は腰幅に開いて、つま先を立てて、

四つんばいの姿勢になる。

両手を前に伸ばしながら、ゆっくりと胸を床に近づけていく。

ヒジはまっすぐ伸ばして、上腕まで床につけるとより伸びます。

そのままゆっくり呼吸を繰り返しストレッチを行います。

サポート側 膝を床につけパートナーの前に。

両手で肩甲骨周辺に優しく手を置きます。ゆっくりと肩甲骨を下に押します。

③-2 首を伸ばすペアストレッチ

無題                   出典:大人のためのパーソナルトレーニング

受ける側  イスに座って、頭の後ろで手を組んで下を向きます。

サポート側 両ひじを持って下方向にゆっくり引きます。このほか、肩を片手で押さえ、

もう片方の手を使って、頭を真横やななめ前に押すのもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ペアストレッチは、柔軟性向上、肩こり解消や予防、様々な効果が期待できます。

しかし、身体が冷えていたり、力の加え加減、呼吸を止めたりすると、

身体を痛めてしまう原因になるので注意が必要です。

以上の事を守り、二人で楽しみながらストレッチを行いましょう。

こちらの記事もおすすめです。

【ガチガチの肩こりに大活躍です!】なんとなくつらいをストレッチグッズで解消

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-肩こり, 肩こり解消
-, ,