肩こり解消研究所

簡単そして肩こり解消効果抜群!誰でも出来る究極の解消法

肩こり 肩こり解消

【椅子に座ったままでもできる!】仕事の合間に行いたい肩こり解消ストレッチ

デスクワークやパソコン作業をしていると、

肩こりを感じる事は多いのではないでしょうか。

椅子に座ったままで同じ姿勢のまま長時間過ごすのはつらいですよね。

スポンサードリンク

デスクワークを行っている方は、

肩こりになる方も多いと思います。

今回は仕事前や仕事の合間に座ったままで簡単ににできる、

肩こり解消ストレッチを紹介していきます。

椅子に座ったまま出来ますので是非試してみてください。

jyosei

①座ったままだと肩こりに!その原因は?

①-1 長時間同じ姿勢などでいたり、無理な姿勢をとっている。

デスクワークやパソコン作業をする、そして肩こりになる。

よくあるパターンですね。

なぜ肩こりになってしまうのか?

たいがいデスクワークやパソコンを行っていると、

同じ姿勢になったままで作業をしますよね。

座ったままの姿勢を長い時間続けてしまうと、

腕や肩の筋肉が疲労してしまい、

血流が悪くなったあげく筋肉が硬くなってしまいます。

この状態だと筋肉に酸素が十分にいきわたらず不足して、

乳酸が溜まってしまいます。

そして肩こりやだるさを感じるのです。

普段から猫背でも姿勢のバランスが悪くなるので肩こりになります。

首と肩の筋肉は頭部の重さを支えています。

姿勢が前かがみの状態だと重さが前方に傾くので筋肉に余計な緊張を強いる原因になります。

デスクワークやパソコン作業などは特に前かがみの姿勢になりやすいので気をつけてください。

①-2 眼精疲労

今の時代、デスクワークなど座ったまま仕事をする方は、

ほとんどパソコンを使用するのではないでしょうか。

パソコン作業は目を酷使します。やっかいなのが、

パソコンの光源に対してピントを合わせる必要があるという事ですね。

それを行っていると目の筋肉が疲労し、

緊張状態になってしまいます。

そして機能低下をしてしまう。

その悪循環が肩こりを引き起こします。

また、パソコンの画面を長時間見ているとまばたきする回数が減って、

ドライアイなりやすくなります。

ドライアイは眼精疲労を引き起こす要因になります。

目の疲労は首や肩の筋肉を緊張させ肩こりを引き起こす原因になります。

スポンサードリンク

②椅子に座ったままでOK!肩こり解消ストレッチ

オフィスで仕事をしていると、ずっと座ったままになってしまう。

そんな時は肩こり解消と気分転換を含めて肩こり解消ストレッチを行うと、

仕事のはかどり方も変わるのではないでしょうか。

今回は簡単で椅子に座りながら出来る、

肩こり解消ストレッチを紹介していきます。

②-1 手首をブラブラ手首ストレッチ

意外と見落としがちなのが腕と手の疲労です。

肩こりには手と腕の疲労も関わっている時もあります。

そんな疲労を緩和するストレッチはこちらです。

1.左ひじを曲げ、右の親指と中指で腕を軽く挟みます。

この時、指に力を入れ過ぎないようにしてください。

2.右指で左腕を挟んだまま、左手首の力を抜いてブラブラさせます。

右指で気持ちよく指圧されている感覚になれば大丈夫です。

 右指で挟む位置をずらし、左腕全体がほぐれるようにします。

4.左腕がほぐれたら、右腕も行いましょう。

②-2 姿勢スッキリストレッチ

パソコンをやっていると、

どうしても猫背姿勢になりがちです。

猫背姿勢の状態では胸の筋肉が硬くなりやすいですし、

さらに負担のかかる姿勢を繰り返す要因となります。

この状態も肩こりを引き起こしてしまう原因です。

このような場合は胸の筋肉のストレッチと、

猫背姿勢改善が有効です。

それでは紹介していきます。

1. 左ひじを曲げて後ろへ反らせ、胸の筋肉を伸ばします。

2.その時、右指の腹を左胸の筋肉へ当て、触れる程度に軽く外側方向へ圧します。

気持ちよく胸の筋肉が伸びる程度の圧で行ってください。

圧を加えすぎないように注意してください。

3.1と2を数回繰り返したら、同じように右胸も伸ばしてみましょう。

②-3 首こり緩和ストレッチ

デスクワークなどで顔がうつむき加減になることはよくありますよね。

うつむき加減になってしまうと首の後ろの筋肉が疲れてしまいます。

そんな首の疲れとこりをとるマッサージを紹介します。

1.両手を首の後ろへ回し、両手の指先を立てます。

2.左右の立てた指先は、首の付け根あたりの背骨を挟むように置きます。

3.指先を置いた状態で、顔を天井方向へ向けます。

この時、左右の指先を中央へ軽く圧を加えると、

首の後ろを指圧されている感覚に近づきます。

4.指の位置を首の背骨に沿って、ずらしていきましょう。

注意:首の部分はデリケートなので加える力などは十分注意してください。

気分が悪くなった場合はすぐに中止してください。

②-4 座ったままでできる猫背解消ストレッチ

1.椅子に浅めに座り、背もたれの下をつかんで、

背すじを伸ばしたまま前傾する。

※背もたれの上を持てばより効果的にストレッチできます。

背中を反らさず、丸めたままでは効果がでないので、

背すじを伸ばして行ってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

長時間同じ姿勢や目を酷使する事は大変ですよね。

そんな時は座ったままでストレッチをやるだけでも、

肩こり解消や緩和に繋がるのではないでしょうか。

そして気分転換になり、

仕事のはかどりも違うのではないでしょうか。

私が医者に言われたのは15分おき位にやるのがいいですよ。

といわれました。

そんなにこまめにできないよという人は多いかもしれませんが、

こまめにやるように心がけてください。

それではよい1日を。

こちらの記事もおすすめです!

肩こり解消グッズで手軽に治す!口コミでおすすめはこれだ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

-肩こり, 肩こり解消
-, , ,